NEWS RELEASE

次世代型賃貸オフィス「ToMaRigi」。日本商業不動産保証との提携で入退去費用0ヶ月のサステナブルオフィスを実現!?

コストパフォーマンスに特化した次世代型賃貸オフィス「ToMaRigi」を運営する株式会社ベンチャープロパティ(本社:東京都品川区、代表取締役:宇田川富大、以下「ベンチャープロパティ」)は「敷金減額保証」を行う株式会社日本商業不動産保証(本社:東京都港区、代表取締役社長:豊岡 順也、以下「日本商業不動産保証」)と提携し「ToMaRigi」の入退去における費用を最大0ヶ月にすることが可能となりました。

【コロナ禍によるオフィス市場の変化】

コロナ禍によりオフィス市場のニーズには大きな変化がありました。それはより自由度が高くコストパフォーマンスの良い物件に期待が高まってきているという点です。

また市場の変化に乗じて従来のオフィス賃貸からシェアオフィスやコワーキングスペースの需要が高まっていることもあり、多くの企業がその市場に参入している現状があります。


かねてよりベンチャープロパティでもオフィス賃貸の課題として『入居・退去にかかるコスト』が企業の成長を阻害する要因であると考えていたことからベンチャープロパティでは提供する賃貸オフィス『ToMaRigi』においては入退去費用の低く抑えることの出来るコストパフォーマンスを重視した契約条件で提供しておりましたが、入居時にかかる保証金(敷金)を削減することには対応できない状況でした。


【コスパ×SDGs】

今回の提携先である日本商業不動産保証が提供している“敷金減額保証サービス”をToMaRigiの賃貸条件に組み込むことよって入居時の保証金支払額を最大0ヶ月まで落とすことが可能となり、保証金問題に悩む入居者の課題を解決することができるようになりました。(※利用には保証審査を通過する必要あり)


実際に入居・退去のそれぞれのフェーズにおいても費用を極限まで落とすことができるようになるということは企業の成長の足かせとなるコストを気にせずオフィス移転ができるようになるため事業計画上オフィス移転が盛り込まれている企業にとっては計画的にオフィス拡大を検討することが可能となります。


またToMaRigiはサステナブルオフィスとして特性を有しており“居抜きの退去”を許可していることから内装済みのオフィスを再度後継テナントに引き継がせることにより造作や什器の廃棄という環境破壊につながる行為を行わずに済み、サスティナブルなオフィスとして地球環境に配慮した取り組みを行っています。


【各社の紹介】

■株式会社ベンチャープロパティについて

株式会社ベンチャープロパティは『企業をオフィス移転でスケールさせる』をMissionに、企業のオフィス移転時にかかる退去費用を最大0円まで圧縮し事業の成長を支援する「トビタツ」。コストパフォーマンスを重視した次世代型賃貸オフィス「ToMaRigi」を提供しています。

<会社概要>

社 名 :株式会社ベンチャープロパティ

所在地 :東京都品川区西品川1-1-1 住友不動産大崎ガーデンタワー9階

代表者 :代表取締役 宇田川 富大

設  立 :2019年8月1日

資本金 :800万円

コーポレートサイト:https://www.ventureproperty.jp/


■株式会社日本商業不動産保証について   

日本商業不動産保証はオフィス・店舗など商業用不動産の賃貸に関わる預託敷金(保証金)を積極的な事業投資に活用できる敷金減額保証サービスを提供しております。万が一テナントに倒産・破産などの賃料不払いが生じた場合には、日本商業不動産保証がオフィスの賃料債務・原状回復費などを保証することを前提に、入居企業の預託敷金を半額から最大ゼロにできるサービスです。入居する企業は敷金という入居・移転に際し必要な初期費用を抑え、その減額分の資金を事業に有効活用することができます。

<会社概要>

社 名 :株式会社日本商業不動産保証

所在地 :〒105-0003 東京都港区西新橋1-7-2 虎の門髙木ビル3階

代表者 :代表取締役社長 豊岡 順也

設 立 :2011年9月16日

資本金 :48,900万円

コーポレートサイト:https://jpcpg.co.jp/